newslog

【スタッフブログ】ゲームプログラマーの仕事って?

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

はじめまして。
スタジオ・ゼロのプログラマーの新居田と申します。

ご存知ない方がほとんどかと思いますので、まずは軽く自己紹介をさせていただきます。
これまで、ペルソナシリーズをはじめとしたRPGの開発に携わってきました。『真女神転生Ⅲ』『ペルソナ3』『ペルソナ4』ではバトルやエフェクトなどを、『ペルソナ5』ではバトルとグラフィック関連を担当させていただきました。振り返ってみるとバトル一筋なプログラマー人生ですね。
現在は『キャサリン・フルボディ』でイベントとグラフィック関連を担当しています。

突然ですが皆さん、「ゲームプログラマーって、どんなイメージ?」と訊かれたら何と答えますか?

「黙々とPCに向かってキーボードを叩いている」

「意味不明な言葉が飛び交っている」

…こんな感じでしょうか、いずれもあながち間違いとは言えないですね(笑)

ゲームが好きな方は、ゲームプログラマーという言葉を聞いたことがあると思います。でも、普段どのような仕事をしているかについてはよく知らない人が多いのではないでしょうか。
私も業界外の知り合いに仕事について質問された時に、返答に窮することが度々あります。プランナーやデザイナーであればゲームの画像や動画を見せながら「このルールを考えたのは私だよ」とか「このボスは僕が作ったものだよ」という風にわかりやすく説明が出来ると思うのですが、プログラムって何て言えばいいのでしょうね…いつも言葉に詰まります。

そこで今回は、そんな得体の知れないゲームプログラマーの仕事内容についてご紹介したいと思います。
もし、このブログを読んでくださっている皆さまの中にゲームプログラマーを目指している方がいらっしゃれば、このブログを通してスタジオ・ゼロのプログラマーの雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

まず、ゲームプログラマーの仕事は大きく2つにわけられます。

1つ目は、ゲームの素材となるストーリーやグラフィック、サウンドをゲームのルール(仕様)に沿って組み立てていき、動く形にまとめ上げる仕事です。

ゲームが仕様通りに動くようにするためには、キャラクターの動きからエフェクトやBGM、効果音などの反映にいたるまで様々な工程をプログラミングしていく必要がありますが、自分勝手にやればいいというわけではありません。他のセクションのスタッフと連携をとりながら進めていく必要があります。
例えば、プランナーが表現したいものはどのようにすれば実現することが出来るのか、デザイナーの描いた絵をもっとより良く映す方法はないのか、サウンドスタッフの作った曲をより良いクオリティで再生する方法など、常にいろいろなスタッフと意見を交換しながらゲームを形にしていきます。話し合いの中ではプログラマーから面白くなる方法の提案をすることもしばしばあります。プログラマーだからといって仕様や演出に口を出してはいけない事はありません。実際にどのように動いていて、どこまで出来るのかを把握しているプログラマーだからこそ提案できるアイディアも沢山あるからです。
また同時に、容量がオーバーしていないか、処理落ちはしていないか、操作性やテンポはどうかなど、様々な状況を考慮しながら作業を行っていく必要がありますので、相当な責任とバランス感覚が求められる仕事だと思います。

2つ目は、開発ツールの作成やワークフローの整備を行う仕事です。

デザイナーが作成した絵やモデルをゲーム内に表示できるデーターに変換するツールや、テストを行うツールなど、ゲーム開発において補助的な部分を担い、データーを安全に管理できる環境などを整備するのが主な仕事です。
ツールの出来によって開発効率が大きく左右されることもあります。チームの力が最大限に発揮できる環境を整えることは、ゲームの品質に直結するとても重要な仕事だと言えます。

このように、ゲームプログラマーの仕事には2つの側面があります。
どちらの仕事にも共通して言えることは、問題を把握し、相手の求めるものを理解する能力が必要ということでしょうか。
また最近では、開発規模が大きくなってきたこともあり、役割を細分化してそれぞれの分野に専任の技術者を配置している会社が増えてきたように感じます。スタジオ・ゼロはどうかというと、良い意味で昔ながらといいますか、RPGで例えると「フィールド」「バトル」というような割とざっくりとした担当分けをすることが多いです。さらにツールなどの開発をフィールドやバトルの担当者が兼任することもよくあります。
1つのことを突き詰めるよりも、様々な分野を経験して知識を深め広げたいとお考えの方には向いている環境なのではないでしょうか。

このブログに少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ応募をお考えいただければと思います。

それでは、お付き合いしていただきありがとうございました。

『キャサリン・フルボディ』完成間近!